パートナーシップ締結のご報告

動画制作部門でパートナーシップを締結しました

 

 

こんにちは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

 

最近は営業活動と並行してパートナーシップの締結をしています。

メディネクトにおいての僕の役割は営業、ディレクションになります。

それ以外の動画撮影、動画編集、動画データ作成に関しては信頼できるパートナー様に任せています。

 

いつも迅速に対応していただきまして誠にありがとうございます。

今の事業体を進めていけるのもパートナー様のおかげです。

本日は動画制作部門でパートナーシップが増えましたのでご報告させていただきます。

 

 

映像制作プロダクション エイトシステム様のご紹介

このたび映像制作プロダクション エイトシステム様とパートナーシップを締結いたしました。

エイトシステム様には、メディネクトで掲載する病院、クリニックの紹介動画の制作をお願いしています。

共通の知人からご紹介いただきましてご縁をいただきました。

このような機会をいただきまして大変光栄です。

これからも良き関係を構築していければ大変嬉しいです。

 

 

活動内容

撮影、編集をオールインワンで対応していただいています。
個人様から企業様まで幅広く対応しており、下記を中心に事業展開している事業者様です。

 

  • 企業プロモーション動画
  • 企業採用動画
  • イベント映像撮影
  • SNS広告動画 etc.

 

 

制作実績

映像制作プロダクション エイトシステム様の概要を一部ではありますが、以下に掲載させていただきます。

 

 

その他にも大手企業様をはじめ、たくさんの制作実績がありますが、なかには公開できない実績などもございます。

これからたくさんの動画制作にご協力いただけて大変光栄です。

 

 

最後に

弊社団はたくさんの方々に支えられながら事業展開ができております。

これからも医療環境をよくするために様々なジャンルの方々とパートナーシップを締結していきたいと考えております。

 

  • 病院、クリニックに特化したWeb制作会社様
  • 医療メーカー様
  • 病院、クリニックへの出入り業者様
  • 医療に特化した税務会計事務所様
  • その他にも医療に関連した事業を展開している会社様又は事業主様

 

是非お力添えいただけますと幸いです。

今後とも変わらぬご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

www.facebook.com

 

twitter.com

 

www.instagram.com


 

一般社団法人メディネクト

代表理事 池田恒夫

Medinect|メディネクト

 

 

パートナーシップ締結のご報告

動画制作部門でパートナーシップを締結しました

 

 

 

おはようございます。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

時間が経つのは本当に早いもので法人登記をしてからあっという間に1ヶ月が経ちました。

毎日試行錯誤しながら動きつつ新しい発見があったり、医療界の現実を感じながら進んでいます。

後悔なく、情熱をもって仕事ができるていることに感謝しています。

僕一人では何もできません。

一人の力には限界があります。

未経験の仕事だからではありません。

どの業種も同じで自分一人でできることは限られますが、協力し合うことでたくさんのことができるようになります。

たくさんの方に助けていただけている今の状況に感謝しかありません。

 

 

Oeuf Cinema様のご紹介

このたび、一般社団法人メディネクトとOeuf Cinema様はパートナーシップを締結いたしました。

Oeuf Cinema様には、メディネクトで掲載する病院、クリニックの紹介動画の制作をお願いしています。

貴重なご縁をいただけきまして大変光栄です。

ご縁をいただくきっかけとなった宮澤さんにはいつもお世話になってばかりで恐縮です。

いつもありがとうございます。

このご縁を大切にし、これからも良き関係を構築していきます。

今後は営業、エンジニア、動画制作の3チームで事業を展開していきます。

創業間もない弊社団とパートナーシップを締結してくださって大変光栄です。

 

 

活動内容

Oeuf Cinema様の概要を一部ではありますが、以下に掲載させていただきます。

 

撮影、編集をオールインワンで対応していただいています。
個人様から企業様まで幅広く対応しており、下記を中心に事業展開している事業者様です。

 

制作実績

  • 宮城県丸森町PR動画コンペ入賞
  • 老舗英語教材販売会社A社 サービスPR動画
  • 世界的有名鍵メーカーDK社 商品PR動画
  • 個人輸入代行サービスEdfa3ly(エドファリー)PR動画
  • 千葉県産「元気豚」PR動画
  • 企業展示会ブース用動画
  • 企業イベント動画等多数 etc.

 

 

撮影風景

 

 

 

 

 

最後に

弊社団はたくさんの方々に支えられながら事業展開ができております。

これからも医療環境をよくするために様々なジャンルの方々とパートナーシップを締結していきたいと考えております。

 

  • 病院、クリニックに特化したWeb制作会社様
  • 医療メーカー様
  • 病院、クリニックへの出入り業者様
  • 医療に特化した税務会計事務所様
  • その他にも医療に関連した事業を展開している会社様又は事業主様

 

是非お力添えいただけますと幸いです。

今後とも変わらぬご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

www.facebook.com

 

twitter.com

 

www.instagram.com

 

 

一般社団法人メディネクト

代表理事 池田恒夫

Medinect|メディネクト

 

 

おもて歯科医院様のご紹介

おもて歯科医院様の掲載を開始しました

 

 

こんにちは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

日々たくさんの方々にアドバイスをいただきながら少しづつ進むことができています。

右も左もわからない状態からスタートした弊社団ですが、こうして前進できるのは情報をご提供してくださる皆さんのおかげです。

誠にありがとうございます。

一日でも早く恩返しをしたい。

その想いが募るばかりです。

医師と患者さんを繋げること。

患者さんに信頼できるかかりつけ医を見つけるための「検索サイト」として早く弊社団が機能していくこと。

それが双方への恩返しになると思っています。

一歩一歩しっかりと前進していくのみです。

 

 

おもて歯科医院様の特徴

おもて歯科医院では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し、精密な治療を提供しています。

肉眼では診療することが難しい治療もマイクロスコープを使用することで質の高い治療を提供することが可能です。

表先生は顕微鏡歯科治療において「真実を見ること」という表現しています。

不要なことを見極め、患者さん一人一人に適した治療方法を示していく。

この言葉にはそういった深い意味が感じられます。

 

 

治療法について

①根管治療

顕微鏡歯科治療の中でも特に効果を発揮する領域です。根管治療先進国である米国式術式で質の高い治療を行います。

 

②歯周治療

盲目的に治療するのではなく除去すべき部分、残すべき部分をはっきり認識した治療が可能です。したがって低侵襲な治療が期待できます。

 

③修復治療

補綴・レジン修復いずれにおいても高い精度で治療を行います。顕微鏡歯科治療ならではの最小限の切削で最大限歯を保護します。

 

インプラント

プローネマルクシステムを用い、安全な外科手術、熟練した歯科技工士による上部構造の作製により予知性の高いインプラント治療を行います。

 

 

顕微鏡歯科ネットワークジャパンとは

 

顕微鏡歯科ネットワークジャパン

 

「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」は、顕微鏡歯科治療の普及と幅広い認知、会員相互の治療技能の向上、ひいては多くの問題を抱えた歯科医療の臨床現場の変革を目指し、顕微鏡歯科治療に取り組む歯科医師による自主運営の組織として2010年6月に設立されました。

表先生は顕微鏡歯科ネットワークジャパンでもメンバーとして活動しており、

「v-Super Dentist」としての称号を有しています。

この称号は、顕微鏡歯科治療においての高度な知識、治療技術を認められた歯科医師に付与されるものです。

顕微鏡歯科ネットワークジャパンでは、セミナーなども開催しており、私も先日参加させていただきました。

普段ではなかなか聞けない歯科に関連するお話、疑問に思っている点をクリアにする良い機会でした。

 

 

おもて歯科医院様からのメッセージ

痛くなく、アットホームで患者さんの不安を緩和できるような暖かい雰囲気作りを心がけています。

歯が健康である」ということは生活の質を向上させることにも繋がります。

老化は歯から始まるとも言われ、定期的に検診を行うことでそういったリスクを少しでも軽減するお手伝いができればと思っております。

お口の健康状態を知るためにも顕微鏡歯科治療を受診してみてはいかがでしょうか。

 

 

撮影風景

 

f:id:Medinect:20180308135447p:plain

 

 

掲載リンク

 

おもて歯科医院|歯科医院|Medinect|メディネクト

 

ご協力いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

最後に

 

www.facebook.com

 

twitter.com

 

www.instagram.com

 

 

一般社団法人メディネクトでは、弊社団の活動にご協力していただける方々を探しています。病院、クリニック、医師の方々と共に患者さんのために医療環境を構築していきたい想いです

何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人メディネクト

代表理事 池田恒夫

Medinect|メディネクト

 

 

 

芝浦クリニック様のご紹介

芝浦クリニック様の掲載を開始しました

 

 

こんにちは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

医療関連の記事を見ていると広告規制などもどんどん厳しくなり、患者さんが病院、クリニックを探していくうえでの貴重な情報も一緒に埋れてしまわないか心配でもあります。

情報規制をするのは非常に簡単ですが、その中から有益な情報が埋もれてしまっては意味がありません。

情報はあくまで双方に対して平等に与えられるべきものであり、特に医療に関していえば、患者ファーストであるべきだと個人的には思っています。

 

 

芝浦クリニック様のご紹介

芝浦クリニックでは多岐にわたる診療が可能です。

主な診療科としては以下になります。

・内科

・皮膚科

・整形外科

理学療法

鍼灸マッサージ

・加圧トレーニング

パーソナルトレーニング etc.

これだけの内容を一つの施設で診療できるのは非常に心強いですね。

本来であれば別々のクリニックに通わなければいけないことも非常に多いです。

これだけ施設が充実しているのは患者さんにとって助かるのではないでしょうか。

 

 

芝浦クリニック様の特徴

一般診療、交通事故、労働災害、健康診断までの幅広い診療を行なっています。
運動期のリハビリテーションにおいて、加圧トレーニングやパーソナルトレーニングを取り入れることで患者さんのQOLを向上させるサポートをしています。

医師との連携をしっかりとることで患者さんに適切でわかりやすい診療を行うことが可能です。

 

 

芝浦クリニック様からのメッセージ 

芝浦に開業して17年という月日が経ちました。

今までに約60万人以上の患者さんにご来院いただいております。
開院当初からの目標である「地域密着型の総合医療診療所」にさらに近づいていくために今後も日々努力してまいります。

 

 

撮影風景

 

f:id:Medinect:20180308135620p:plain



 

 

掲載リンク

芝浦クリニック|医院・クリニック|Medinect|メディネクト

 

ご協力いただきまして誠にありがとうございました。

 

一般社団法人メディネクト - ホーム | Facebook

池田 恒夫(@2neo_1keda)さん | Twitter

池田 恒夫 (@2neo_1keda) • Instagram photos and videos

 

最後に

一般社団法人メディネクトでは、弊社団の活動にご協力していただける方々を探しています。病院、クリニック、医師の方々と共に患者さんのために医療環境を構築していきたい想いです。

何卒よろしくお願い申し上げます

一般社団法人メディネクト

代表理事 池田恒夫

Medinect|メディネクト

 

 

 

事業を始めたきっかけとは。

 

 

こんにちは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

2018年2月13日に法人登記も無事に完了しました。

この場を借りてご協力していただいた方に改めて感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

本日は、なぜ一般社団法人メディネクトを立ち上げたのか?という経緯について記していこうと思います。

たくさんの方々に「なぜ医療事業なんですか?」と聞かれます。

前職はパーソナルトレーナー

異業種からの挑戦でもあります。

そのような質問をいただいて当然です。

ただ、僕が今まで経験から感じてきたこと、医療に関しての考えも含めて記していこうと思います。

少しのお時間でいいのでお付き合いいただければ嬉しいです。

 

両親は共働き。家にいないのが普通だった幼少時代。

当時では珍しかったかもしれません。

友人家族の9割はお父さんは外で働き、お母さんは専業主婦が多かったように思います。

両親は共に飲食業を営んでいました。

父は中華料理屋。

母は焼肉屋。

普通は家族で経営するものですが、両親は別々に経営していました。

各々で得意なジャンルで勝負していたのだと思います。

そのため僕は保育園の園長先生家で夕食を食べることも多かったです。

普通は寂しいと感じるのかもしれませんが、当時はそれが普通だと思っていました。

通っていた保育園が素晴らしく、家族同然に接してくれた園長先生には大変感謝しています。

小学生になっても一人で過ごす時間は周囲に比べて多かったように感じますが、小学生になると勝手に友人を家によんで一緒に過ごしたり、好き勝手やっていました。

そもそも門限というものが周囲の友人にはあったことに驚いていました。

両親が帰ってくるのは夜11時過ぎ。

だいぶ自由な幼少期を過ごしていたなと思います。

当時から両親が健康でいるからこそ共働きが可能なのだとわかっていましたし、自営業家系だったこともありますが、定時に両親がいるほうが違和感がありました。

それはそれで良かったのかもしれませんが、後にフリーランスで仕事をやるようになると実感しました。

両親はあまり家にいなかったですが、それが自営業者にとっては幸せなことなのだと。

仕事の大小は問わず、仕事をいただけるというのはその人の価値を認めてもらっているということです。

飲食なら常連さんが毎日来てくれる。

その常連さんがまたお客さんを連れてくる。

それは両親にとっては嬉しいことなんです。

今となっては当時よりもより深くその気持ちがわかる気がします。

仕事は人に生かされることで成立します。

その気持ちを学ばせてもらったのは改めて両親に感謝したいです。

 

親の健康は子供にとっての精神安定剤になることを学んだ。

僕が中学生になる頃までは両親も元気に過ごしていましたが、その頃から両親が定期的に病気を患うようになりました。

両親が元気でいるということ。

それが子供にとってどれほど安心感を与えるのかを当時からよく感じていました。

そんな時、父親が脳梗塞で倒れました。

いつも通りに振舞っているように見えても違ったのを覚えています。

鍋を振っていても普段はこぼさない父親がよくこぼすわけです。

しかも左腕は火傷だらけ。

それに不信感を覚えた母親が救急車を呼びました。

その直後に父親は倒れました。

救急車が到着するまでの間に初期治療してくれた、小林先生。

本当に感謝しています。

小林先生は家族でお世話になっていたかかりつけ医の先生です。

病院から白衣のままでお店に飛んできてくれて初期治療をしてくれたのを鮮明に覚えています。

脳梗塞は早期発見、早期治療が予後に大きな影響を及ぼします。

僕の父は今までに2回脳梗塞で倒れていますが、2回ともに発見が早く、小林先生の初期治療のおかげで運良く後遺症もなく助かった経緯がありました。

 

今度は母親が倒れる。そして僕は大学を中退した。

一方で、母親はすい臓ガンに二度かかりました。

抗がん剤治療は母国の韓国で行い、約2年間の治療で現在は完治しています。

すい臓ガンは初期で見つけられたらいいですが、ほとんどは発見が遅れて症状が進行していることが非常に多いガンです。

僕の母親も本当に運が良かった。

発見が早かったおかげで母親は母国での治療を選択することができました。

兄弟も韓国にいたため看病はお願いし、父親と僕は治療費を稼ぐため働きました。

当時の僕は大学4年生。

卒業式の二週間前という状況でした。

僕の授業料が払われていないと大学から電話を受けたのもこの時です。

そして、この時に母親のガンを知りました。

その電話口で僕は中退を決め、学長との二者面談でも意思は変わりませんでした。

学長、法学部長からも授業料を立て替えてあげるからと言われましたが、全てお断りし、二者面談の最後に届け出にサインをして正式な手続きを完了させました。

卒業式の二週間前、フル単位、特待生で中退した人間は初めてだと学長にも言われましたが、そんなことはどうでも良かったんです。

僕の頭のなかは「どのように生活していこう」という思いしかなかったわけです。

当時は「なぜ俺がこんな境遇になるのか」って思ったりもしましたが、現事業に通じるきっかけを与えてくれたと考えれば全ての経験は生きるのだと実感しています。

 

医師だけに任せるのではなく、医師と共に歩む医療こそが必要。そのための情報を提供したい。

今までの経験をしてきたからこそ信頼できるかかりつけ医がいることがこんなにも心強いのだと実感させられたきました。

別にかかりつけ医が全ての治療をするわけではありません。

 

定期的に通院できること

相談できる病院、クリニックがあること

信頼できるかかりつけ医がいるということ

 

これらの医療環境が患者に与える精神的影響は大きい。 

みんながすでに信頼できるかかりつけ医に出会えているわけではありません。

池田家は信頼できるかかりつけ医を早い段階で見つけることができました。

かかりつけ医はどんな分野でも構いません。

僕は医療に関していえば、医師のポートフォリオを作成すべきだと思っています。

歯科、小児科、皮膚科etc.

どんな診療科でもその人にとって大事な病院、クリニックが見つかっていることが大切だと僕は感じています。

 

池田家は幸運にも小林先生がいました。

これは“運”なのかもしれません。

でも、僕はそれを“運”という言葉だけで終わらせたくはなかった。

自分が求める医療、自分が求める医師に会うための機会を創出したい。

“運”でも構わない。

その“運”を平等に届けられるような環境を創りたい。

その想いで一般社団法人メディネクトという事業をはじめます。

 

f:id:Medinect:20171206123150j:plain

 

一般社団法人メディネクトを通じて実現していくことは、 

患者自らも医師を選べる医療環境の構築

この理念を掲げて日々前進していきます。

 

挑戦はまだ始まったばかりです。

 

一般社団法人Medinect - ホーム | Facebook

池田 恒夫(@2neo_1keda)さん | Twitter

池田 恒夫 (@2neo_1keda) • Instagram photos and videos

 

 

一般社団法人Medinectでは、弊社団の活動にご協力していただける方々を探しています。病院、クリニック、医師の方々と共に患者さんのために医療環境を構築していきたい想いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人Medinect

代表理事 池田恒夫

Medinect|メディネクト

 

 

失敗することを恐れない人がこれからの時代は強い。失敗を笑う人は失敗を恐れているだけ。

 

 

こんばんは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

 

人の失敗を笑う人って結構多い気がします。

何でかなって考える。

今日は「失敗する力」について書いていきます。

人の失敗を笑っているそこのあなた。

失敗している人は多くの経験値をもっているんです。

 

  • 失敗して何が悪いんですか?
  • 失敗を糧にやってきた人が価値を生み出していることをわかっていますか?
  • 失敗は小さく、たくさん経験したほうがいい
  • 個人の時代への転換

 

続きを読む

死の倫理観は人それぞれで違うもの。でも、その答えをもっている人は少ない。

臓器提供には国境間でこれだけの違いがある

 

こんにちは。

 

一般社団法人メディネクトの池田恒夫です。

日々、医療関連の記事に目を通しているとたくさんの課題が見えてきます。

特に臓器提供に関しての記事は非常に興味深いものがあります。

先進国の中でもこれだけの違いがあったのかと驚いたものです。

臓器移植を宣告されたとき、実際に移植をできる人は限られます。

死に対して、各国で倫理観の違いがあるとはいえ、日本が臓器移植をするために最適な国なのかといえばそうとは言えないかもしれません。

 

臓器提供数が圧倒的に少ない日本

2016年統計でいうと、日本での臓器提供数が過去最多の64件を記録している。

では、提供を待っている患者数は一体何人いるのか。

約14,000人だ。

需給バランスが全く合っていない。

これだけの患者数に対して64件という提供数が物語るのは、臓器移植が必要になった際は日本での手術を受けられるのはほんの一握りということ。

この現実を知った瞬間は非常にショックだった。

同時にアメリカで臓器移植を受けたいと希望する日本の家族の方々に対してなんとも言えない感情が芽生えた。

 

続きを読む